おいしいものが好き、お弁当作りが好き、ワンこが好き、そんな私の毎日。


by riddimjourney

タグ:自家製 ( 2 ) タグの人気記事

スープの仕込みが終わり
いよいよ豚作り。

スープでちょうど2時間煮込んだ豚バラ。
取り出すと、も〜とろんとろん。
でも茹で過ぎ感はなく、ベスト状態。
作っておいたカエシ(醤油ダレ)に漬け込む↓
c0096692_14424318.jpg

この袋を眺めて
夫が発した一言。
『カワイイ....』っ!(笑)
豚が冷める時に味がしみ込むので
冷めるまでスープを煮込みながら待つ。
その間にトッピングの野菜の準備↓
c0096692_14473523.jpg

豚が冷めたところで
別鍋にお湯をわかす。
その間に豚を取り出し(トゥルントゥルン〜)↓
c0096692_14534523.jpg

切り分ける。贅沢にまるごと一本↓
c0096692_14552522.jpg

お湯に野菜投入。キャベツ、もやしの順でサっと湯通し程度↓
c0096692_14564960.jpg

野菜を上げたお湯が再度沸騰したら
今度は麺の湯通し↓
c0096692_14581055.jpg

今回は生沖縄そばを使用。

ここまできたら時間との勝負。
あたためておいた器にカエシとスープと味の素少々。
スープ単独でもいけそうなので私は味の素かなり少なめにした。
そこに湯切りした麺、野菜、豚、刻みニンニクを
惜しげなく盛りつけて完成!
c0096692_1523187.jpg


前回とは大違いの見た目。
冷めないうちに二人そろって無言で食す。
家二郎としては、完璧。
最高おいしい。
お互いおいしさにびっくりしてしまった。
麺も違うし本物と違うのは当たり前
だけどお家で食べられるラーメンにしては
超うまい!!!
c0096692_1554120.jpg

二人ともお腹いっぱい幸せを噛み締め
家二郎の特権、すぐごろりん・・・・

ごちそうさまでした。
c0096692_1565021.jpg

おいしい豚骨スープが大量に出来たので
冷凍保存しよう。
カエシも豚もいっぱいあるし
麺さえそろえばいつでも即、家二郎!
あ〜しあわせ。

にほんブログ村 料理ブログへブログランキングに参加中にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ1クリックで投票に参加できます

応援ありがとうございます!ランクアップしました♪

[PR]
by riddimjourney | 2007-02-25 15:15 | ラーメン二郎

家二郎レシピ公開、2。

数日前、
夫が大きな袋を持って帰って来た。

なになに、なんのおみやげ!?
と開けてみる。
お肉や骨があふれんばかり。

『二郎作ろう。』
この一言で
休日はお家で二郎風ラーメンを作る事になった。
前回作った時は
今回ほど凝っていなかった。
材料の多さからも夫の意気込みが伝わってくる....

ラーメン二郎というのは
三田本店をはじめとして各店舗あるが
チェーン店って感じではないし
ラーメンというよりはオリジナルスタイル麺?
二郎という名の男くさい食べ物と理解しております。
夫も私も大好きで
遠くまで足を運んだりもしているくらい。
偶然だけれど
上京してから二郎のない街に住んだ事がない私。


今回の材料をご紹介。

スープ材料
豚げんこつ 4本
若鶏の鶏ガラ 数本
背油 500g
豚バラ2.5kg
人参 1/2本
玉ねぎ 1個
長ネギの青い部分 3本分
キャベツの芯 1つ
ニンニク 5かけ
しょうが 1かけ

カエシ材料
醤油 300cc
みりん 55cc
料理酒 40cc

トッピング
もやし 1袋
キャベツ 1個
青森にんにく 3かけ


以上。
前日からスープを仕込む。
灰汁抜きしてから帰宅後の夫に骨をたたき割って頂く。

次の日野菜を投入した様子↓
c0096692_1252480.jpg

豚骨の量からして
鍋二つで煮出す。
数時間後、色と香りがよくなった頃↓
c0096692_128447.jpg

お肉を投入してさらにこゆくなった二時間後↓
c0096692_1313667.jpg


こんな感じで
前日の夜から結局何時間グツグツしていたやら。
今日一日コイツのためだけに過ごした感じ。
お互い好きでなきゃ出来ないね、こんなの...
なんて言いながら
少しも目を離さず
夕方までつきっきりでかわいがりました。

なんだか長くなりそうなので
今回はここまで。
続きは次回をお楽しみに。

にほんブログ村 料理ブログへブログランキング参加中にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ1クリックで投票に参加できます!
応援の一押しをおねがいします!!!

[PR]
by riddimjourney | 2007-02-25 01:50 | ラーメン二郎